FXや投資信託を利用して初心者でも投資デビュー!

NEWS INFORMATION 新着情報

FX

fx

FXとは、外国為替証拠金取引の事をいう。通貨による売買の投資方法である。1998年より始められている取引である。これは個人でも参加が可能な為替取引である。

FXの取引内容は通貨による取引である。円を他の通貨に替え、その時の為替よりも円が高くなった時に、円に戻す事により利益を得るという為替の変動を利用した取引である。

これに加えて各国の外貨を持つと、それに対して金利が発生する。日本よりも金利が高い国が多いので、金利も利益になるのである。

特徴

tejyun

FXの特徴は少額の資金から始める事のできる為替取引という点である。1万円から始める事ができるのが特徴である。レバレッジという呼ばれる制度があり、自分自身が保有している資本金の最大で25倍の金額の取引をする事ができる。資金が少ない初心者にメリットのある制度である。

FXは24時間好きな時に取引をする事ができる。通常であれば証券所は三時で閉まるものであるが、FXでは世界中の全ての証券所を対象にする事ができるので、実質として24時間いつでも利用できるという事である。

FXの最大の特徴は手数料が格段に安いという事である。FXは外貨預金に比べてその手数料は半額以下なのである。

一般的に投資は時と場合によってマイナスの状況になる事もあり得るのだが、FXではそのようになる事がない。これはロスカットというシステムがあるからである。
ロスカットとは、自分が保有している資金がマイナスに達する前に自動的に決済を行う仕組みであり、これを利用する事で事実上損失をする事はないのである。

開始手順

FXを始めるにはそれ専用の口座を開設する必要がある。その為にはまず利用するFX会社を選ぶ事から始まる。
選び方としては、手数料や会社の信頼度を参考に選ぶ方法がある。

口座を開設する手続きはインターネットで済ませる事のできる会社がとても多い。中には口座開設の手数料が無料の所もある。ちなみにFXの口座は複数の会社で作る事が可能である。

口座開設ができたら、証拠金と呼ばれる取引に使う資本金を入金し、それにより取引を始める事ができるのである。

外貨預金との違い

gaikayokin

FXと同じく通貨の取引をするものに外貨預金がある。しかし両者には違いが存在するのである。

手数料の点から見てみると、外貨預金の際に発生する手数料よりもFXで発生する手数料の方がはるかに安価である。取引の額が大きければ大きいほど手数料の差が顕著になるのである。

また、外貨預金ではレバレッジをかける事ができないのであるが、FXではこれを利用する事ができる。
レバレッジというのは、実際に保有している資金以上の額を取引する事の制度である。口座に入金した資金を証拠金として、それ以上のお金で取引をする事ができるのである。このレバレッジはFXの会社によってそれぞれ決められている。

外貨預金では通貨を買う事から始まるのだが、FXでは通貨を買う事だけでなく売る事から始める事もできるのである。
これはFX会社に通貨を「借りる」形を取り、売ったものを買い戻す事で発生したお金を借りた金額だけFX会社に売り、差額が利益として手元に残るという仕組みである。

新記事

最新情報